キタノカオリがあったから、オ ドゥ ブレは生まれた

カテゴリー: パン | 投稿日: | 投稿者:
パンの研究所「パンラボ」主宰の 池田浩明さんが、志賀シェフが夏に行った講習会の記事を書いてくださいました。 キタノカオリを使ったシェフのスペシャリテ「オ ドゥ ブレ」の講習会です。 pic_article027-IMG_0519-0520 圧倒的に水分量の多い生地のミキシングから焼成までの過程を、池田さん独特の物語のような文章で表現してくださっています。 いつも見ている工程が、いかに驚きをもって伝えられるのかを改めて感じました。 池田さん、ありがとうございました。 みなさまにもぜひご一読いただきたいコラムです。 →「ボウルひとつでシンプルなパン作り。プロも家庭も作りたくなる志賀勝栄シェフ(シニフィアン・シニフィエ)のスペシャリテ