旬の秋刀魚(さんま)を使ったコンフィは、シンプルなバゲット プラタヌを合わせて。

<材料> 2人分
秋刀魚(頭と内蔵を取り除いたもの) 2尾
塩 大さじ1
オリーブオイル約200ml
ローリエ 1枚
鷹の爪 1本
ニンニク 1片

<作り方>
1)秋刀魚は塩を振って1時間ほど置く。流水でさっと洗い、水気をしっかり拭き取る。

2)耐熱の器に秋刀魚を並べ、薄く輪切りにしたニンニク、種を取った鷹の爪、ローリエをのせ、オリーブオイルを注く。
 ※オイルは秋刀魚がしっかりと浸るまで入れてください。

3)100℃に予熱したオーブンで3時間ほど加熱する。
 ※粗熱が取れた後、冷蔵庫で一晩冷やすと骨まで食べられるくらい柔らかくなります。
 ※温めなおす際は、オイルから秋刀魚を取り出して温めてください。
 ※頭と腹わたを残したままでもコンフィにできます。半分に切る際は、ワタが出ないように肛門のあたりで切り分けてください。

<フードスタイリスト丹羽彰子さんのコメント>
パンの美味しさを引き立たせるために今回はシンプルな味わいにしましたが、
ローズマリーやタイムなどお好みのハーブを入れてもOKです。
サンドイッチにすると、オイルがパンになじんで美味しくいただけます。