パン レゾネ(reisonne)は「熟慮されたパン」という意味です。
新しい年を迎えるこの時期に、食事や健康、来年のことなど、改めて考えてみませんか。

キャラメリゼしたリンゴをたっぷりと入れて焼き上げた「パン レゾネ」には、リンゴと相性の良いじゃがいものヴェリーヌ。
ヴェリーヌとは、小さな器の中にさまざまな食材を層状に重ねた、目にも舌にも美味しいお料理のことです。今回はサーモンといくら、じゃがいもで「紅白」を表現しました。
そして華やかに新年を演出する「ジョゼッタサッフィーリオ ロゼスプマンテ」は、食前酒に向いているだけではなくトーストや魚料理との相性抜群です。

調理時間:20分 

<材料> 2人分

じゃがいも 150g
牛乳 100ml
生クリーム 大さじ1〜2
すりおろしにんにく 少々
塩・こしょう 少々
スモークサーモン 40g
いくら 適量
ディル 少々

<作り方>
(1)じゃがいもは皮をむき、薄切りにする。鍋にひたひたの水とともに入れて火にかける。

(2)やわらかくなったら湯を捨て、牛乳を加えてフードプロセッサーにかける。※裏ごしをしてもOK。

(3)生クリーム、すりおろしにんにく、塩・こしょうを加えて味を調える。

(4)グラスに(3)の半量を入れ、スモークサーモンをのせてもう半量のせ、いくらとディルをトッピングする。

 

<フードスタイリスト丹羽彰子さんのコメント>

・じゃがいもの半量にバジルペーストを加えると2色の層と味わいが楽しめます。
・刻んだ生野菜をトッピングしても美味しいです。
・シンプルな味わいのピュレなので、トッピングを変えるとバリエーションが広がります。

 「パン レゾネ」のお取り寄せはこちらから

11584966